歩く旅専門店 株式会社アルクトラベル[ARUKU TRAVEL]

076-424-5666

海外の旅

【富山駅発着】スイスアルプスフラワーハイキング(アイガー・マッターホルン)9日間

写真
マッターホルンをバックに(2019年ツアー)
写真
リッフェルゼーからみたマッターホルン
写真
アイガー北壁をバックに
写真
日本のツアーで訪ねることが少ないエッシネン湖へのハイキング道
9日間

弊社社長吉田が、2019年まで15年連続、この時期にご案内している珠玉の定番コースです。
スイスアルプスの高山植物が咲き出す頃は、グリンデルワルト地域のアイガー・メンヒ・ユングフラウやツェルマット地域のマッターホルンが雪を抱いています。白い峰々と鮮やかなグリーンのシーズンにハイキング。初めてスイスアルプスに行かれる方にもお勧めのツアー。観光ツアーと違いじっくりハイキングを楽しむ内容ですが、初心者の方でも無理なく歩けるコース設定です。各地の出発もゆっくり出発の”ゆとりある”行程です。


こんにちは。吉田です。私はこれまで当コースを15回ご案内していますが、マッターホルンを見られなかった年はありません。天候も安定している頃ですよ。
当ツアーは、他社さんのツアーより、ゆっくり歩くコース設定です。ハイキング途中ではのんびり花を撮影したり、寄り道したり・・・
グリンデルワルト、ツェルマットに3連泊しますので、荷物整理に追われることなく、ゆったりした気分で旅をお楽みいただきます。
写真は2019年度の同時期ツアーです。お花畑でお昼寝タイムも楽しみました。


【当ツアーのおすすめポイント】

①花のシーズンに訪れます。
スイスアルプスは、一般的に6月から8月が天候が安定し、高山植物を楽しむには6月中旬から7月下旬がベストシーズンといわれます。
6月下旬はアルプス3大名花(エーデルワイス・エンチアン・アルペンローゼ)が咲き出し始める美しい時期です。

②足元は花々が咲き出し、緑の草原と山には雪をいただく風景の美しい季節です。
花の種類は以降が増えますが、盛夏ではマッターホルンでは、雪が少なくなり黒い岩山の風景になります。雪をいただいた山の景色は6月下旬から7月上旬がお勧めです。

③グリンデルワルト・ツェルマットで、ゆっくり3連泊します!
アイガー【3,970m】・メンヒ【4,099m】・ユングフラウ【4,158m】を有する、ベルナー・オーバーランド山群の中心地グリンデルワルドに3連泊し、登山鉄道やロープウェイを使いながら展望と花のポイントを効率よくハイキングします。

ツェルマットはマッターホルン【4,478m】を有するヴァリス山群の中心地。マッターホルンの他、ブライトホルン【4,164m】・モンテローザ【4,634m】・リスカム【4,527m】などの大パノラマを楽しみます。
マッターホルンを間近から、中くらいの距離から、少し離れた距離から3つの距離で眺めることができます。
3連泊すると、街にも慣れて住んでいるような感覚になりますよ。

④早朝出発や深夜到着などがない、体に優しいコース作りをしております。
ハイキング出発も、ホテルで朝食後8:00頃の出発で、早朝出発がないゆとりの行程です。



 

■出発日
2023年6月20日(火)
■旅行代金
2023 年2月中旬決定します!円(お一人様)

① 2023年2月28日(火)までの早期予約割引でお一人20,000円いたします。
② 関西空港合流離団は、お1人様20,000円引きです。

※旅行代金は、2名様1室利用の場合です。(旅行代金は2023年2月頃決定)

◆第1次申込締切日:3月17日(金)

◆個室追加代(お1人様につき/6泊)
約72,000円(相部屋希望も承ります)

◆添乗員:アルクトラベル、吉田がご案内します。
◆最少催行人員:10名様

●旅行企画・実施
観光庁長官登録旅行業第1100号 (一社)日本旅行業協会会員
株式会社ミキ・ツーリスト(〒105-0013 東京都港区浜松町1-18-16住友浜松町ビル)
 
※その他、詳しい旅行条件書を記した書面をお渡しします。ご確認の上、お申込み下さい。

荷物 初心者マーク

アイコン表示の説明

■利用航空会社:エミレーツ航空

■食事:朝6回・昼0回・夕4回(機内食除く)
※旅行代金に昼食代は含まれておりません。現地にてその都度ご案内致します。(1回2,000~3,000円程度)

◎以下、別途必要な経費
◎燃油サーチャージ(目安円95,000:2022年9月現在)⇒今後変動する場合があります。
◎現地空港税、空港施設利用料(目安:約13,000円:2020年9月現在)⇒今後変動する場合があります。

■利用予定ホテル(スイス基準の3~4つ星ホテル)/または同等クラス以上
グリンデルワルト:ホテルベルナーホフ (グリンデルワルト街中に建つ便利なホテル) 
ツェルマット:ホテルゴルナグラートドルフ(ツェルマット駅前に建つ便利なホテル) 
※グリンデルワルトのホテルとツエルマットのホテルのシングルルームはシャワーのみの
 お部屋となる場合があります。


【新型コロナウイルス感染症対策におけるスイス渡航情報】
2022年5月2日以降、ワクチン接種有無にかかわらず、スイス入国における新型コロナウイルス関連の検疫規制はすべて撤廃されました。
※入国時の必要書面や出入国制限については今後出発までに変更となる可能性があります。


入門

体力
1
技術
1
ツアーレベルの説明
日数 行程 宿泊先・食事条件
1 富山駅(14:17発)・新高岡駅(14:26発)・金沢駅(14:57発)・―(新幹線、JR特急)―関西国際空港(19:00頃)
※ご参加人数により富山~関空間は貸切バス利用の場合があります

関西空港(23:45頃)世界最大の航空機エアバスA380(予定)のエミレーツ航空で出発。
約10時間のフライトでドバイへ

〈機内泊〉

朝:×
昼:×
夕:×
2 ドバイ(4:50着)ドバイ空港は空港内も見所満載です。
ドバイ(8:40発) バイエミレーツ航空にて、スイスチューリッヒへ(13:20着)
※飛行所要:関西空港⇒ドバイ 約10時間 ドバイ⇒チューリッヒ 約6時間40分予定

午後:チューリッヒ着。専用車で(所要:約3時間)でアイガーの麓のグリンデルワルト【1,034m】へ。

夕刻:明るい時間にグリンデルワルトへ到着し、航空機での座り疲れ解消の街の散策とスーパー等でのお買い物方法をお教えします。

スイスのレストランでの夕食は2時間ほど時間を掛けるのが一般的です。この日は旅の疲れもありますので、あえてレストランへご案内ではなく、それぞれの体調に合わせた食事をお求め頂き(スーパーへご案内します)早めにお部屋でお休み頂きます。

〈グリンデルワルト泊〉

朝:機内食
昼:機内食
夕:×
3 クローゼシャイデックからフィルスト・フィルストからバッハアルプゼーハイキング (ハイキング5時間)

ホテルにて朝食後、グリンデルワルトからポストパスでグローセシャイデック【1,961m】へゆっくり体ならしハイキング(約3時間)
アルプス三名花エンチアン群生など楽しみのんびりフラワーハイキング
ベルナーオーバーラント三山(アイガー・メンヒ・ユングフラウ)の眺めが素晴らしいルートです。
フィルスト【2,167m】で各自昼食後(カフェテリア形式のレストランへご案内します)

午後は、山上の湖、バッハアルプゼーへの往復ハイキング(往復約2時間)
フィルストへ戻り、ゴンドラででグリンデルワルトへ。
グリンデルワルトの街を散策しながらホテルへ。


まだ時差ぼけがあります。この日はあまり標高が高くなく、のんびりと歩けるハイキングコースへご案内します。このハイキングコースはまさに「ハイジの世界」ですよ。

★ミートフォンデュ(スイス山岳料理① フランシノワーズ)の夕食をご用意。
〈グリンデルワルト泊〉

朝:ホテル
昼:×
夕:レストラン
(名物料理)
4 メンリッヒェンよりクライネシャイデックへアイガー展望ハイキング3時間とユングフラウヨッホ展望台ゆっくり観光 
ホテルにて朝食。グリンデルワルト駅からグルント駅へ電車で1駅移動
ヨーロッパ一長い「メンリッヒェンゴンドラ」でメンリッヒェン【2,225m】へ。
ここよりアイガー北壁とアルペンローゼ群生を眺めながらクライネシャイデック【2,061m】へゆっくりハイキング。
クライネシャイデックでランチ後、ユングフラウ鉄道(登山鉄道)でヨーロッパ最高所の鉄道駅ユングフラウヨッホ【3,454m】へ。
スフィンクス展望台【3,571m】から目前に迫る、ユングフラウとメンヒの眺望とヨーロッパ一長いアレッチ氷河を見学(一般的なツアーより長めに滞在します)
登山鉄道をクライネシャイデックで乗り継ぎグリンデルワルトへ

★この日は各自夕食ですがご心配な方はツアーリーダーがご案内します。                   


この日のハイキングは、前日とは反対側より世界中のクライマー憧れのアイガー北壁を眺めながらのハイキングです。
グリンデルワルトでは外せない世界的観光地「ユングフラウヨッホ」へヨーロッパ一長い世界遺産のアレッチ氷河やユングフラウ、メンヒを眺めます。
クライネシャイデックでのランチタイムは、アイガー北壁を眺めることができる素敵な時間になるでしょう。

〈グリンデルワルト泊〉

朝:ホテル
昼:×
夕:×
5 青い湖面のエッシネン湖ハイク(2時間)とマッターホルン麓の街シェルマット観光 
ホテルにて朝食後、専用車にてグリンデルワルトを出発し、コバルトブルーに輝くトゥーン湖の眺望を楽しみながら、これぞスイスという牧歌的な風景の道をドライブしカンデルシュティークへ。
カンデルシュティークよりゴンドラに乗車し、青い湖面のエッシネンゼーのんびりハイキングへ。(往復約3時間)
湖畔で各自昼食(湖畔に素敵なレストランがあります)
ハイキング後、カンディルシュティークよりカートレインでバスごと列車に乗せて、アルプスの峠越え。テッシュ駅でシエルマットシャトルに乗車し、マッターホルンの麓、国際山岳リゾートのツェルマット【1,620m】へ。
ツエルマットはガソリン車やディーゼル車が乗り入れできないため、一駅手前のテッシュより電車でツェルマットへ行きます。
到着後、ホテルに荷物を置いたら、イタリア国境近くの国際山岳リゾートの街をご案内します。


この日はグリンデルワルトよりツェルマットへ移動します。途中のトゥーン湖では、素敵な場所でフォトタイム。
その後、日本の観光客があまり立ち寄らない「エッシネン湖」へのハイキングへご案内します。エッシネン湖は、アルプスの宝石と称される氷河湖らしいコバルトブルーの湖です。湖畔でのランチライムを楽しみます。
バスを列車に積込むカートレインでアルプスを越えます。日本ではできない体験も楽しみます。
いよいよアルプスを越えると、ヴァリス地方へ。これまでのベルナーオーバーランドとは、街の
雰囲気が変わります。このより国際的山岳リゾートのツェルマットでの3連泊が始まります。

★チーズ料理(スイス山岳料理② ラクレット)の夕食。
〈ツェルマット泊〉

朝:ホテル
昼:×
夕:レストラン
(名物料理)
6 ゴルナーグラート展望台とマッターホルン展望ハイキング (ハイキング2~4時間)

朝、マッターホルンがきれいに眺められる場所より、朝焼け観賞。
ホテルにて朝食後、ゴルナーグラート登山鉄道でゴルナーグラート展望台【3,131m】へ。
※列車内からもマッターホルンを眺められます。

ゴルナグラート展望台より、マッターホルン、モンテローザ、リスカムなど360°の眺望を楽しみます。登山鉄道で1駅下ったローテンボーテン【2,815m】へ。逆さマッターホルンで名高いリッフェルゼーへ。ここからリッフェルベルグ【2,582m】へ、約1時間のマッターホルン展望ハイキング。リッフェルベルグでランチタイム。

ご希望の方は、リッフェルアルプ【2,222m】へ下りのハイキングへご案内します。
リッフェルアルプより登山鉄道でツェルマットへ。

この日は、360°の大展望ゴルナグラート展望台へ。展望を楽しんだ後のハイキングです。
リッフェルゼーでの逆さマッターホルンなど、この日は当ツアーの中距離からのマッターホルンの眺めを楽しみます。リッフェルベルグは、よくパンフレット写真にも使われる均整の取れたマッターホルンの姿となります。午後も是非、リッフェルアルプまでハイキングをしましょう。
天気が良ければ、お昼寝タイムがとれるお勧めのポイントにご案内します。


★この日は各自夕食ですがご心配な方はツアーリーダーがご案内します。  
 ツェルマットには日本料理店もございます。
〈ツェルマット泊〉

朝:ホテル
昼:×
夕:×
7 ツエルマットフリータイム。 オプショナルツアー(別料金)を設定します。 
 
オプショナルツアー(ツアーリーダーがご案内します)
(午前)マッターホルングレイシャーパラダイス【富士山より高い標高3,883mへ】
(午後)スネガ展望台とエーデルワイス探訪ハイクへ。

午前:ロープウェイを2基乗継ぎ、マッターホルングレイシャーパラダイスへ標高3,883m、今回の旅での最高標高地点。イタリア方面やモンブランの眺望と間近に迫るマッターホルンの眺望を楽しみます。

午後:スネガ展望台とエーデルワイス探訪ハイクへ。
地下ケーブルカーに乗りスネガへ。ブラウヘルド周辺で自生のエーデルワイスを探してのハイキングを楽しみます。 

現地で前日にお申込み受付をします。天候を見ながらご参加されるかお決め下さい。
※オプショナルツアー代 午前中のみ10,000円、1日14.000円予定。


この日は、このツアー唯一のフリータイム日です。オプショナルツアーを設けております。
オプショナルツアーは、前日は、ゴルナグラートなどからの中距離からのマッターホルンを楽しみましたが、グレイシャーパラダイス手前では目前に迫るマッターホルンを楽しみ。午後はスネガ展望台より少し離れた場所よりマッターホルンの展望を楽しみます。
ツエルマットの街は谷間にあるため、雲が立ち込めることが多いのですが、グレーシャーパラダイスへ登ると雲の上に出ることが多く、眺望も期待できます。

   
★イタリア料理の夕食(イタリア国境の街ツェルマットはイタリア料理が美味しいです)

〈ツェルマット泊〉

朝:ホテル
昼:×
夕:レストラン
(イタリア料理)
8 スイス鉄道の旅を楽しみながらチューリッヒへ。    
ホテルにて朝食後、ツェルマット駅(9:00頃発)よりマッターホルン・ゴッタルト鉄道でフィスプ(VISP)駅へ。ここでスイス国鉄SBBへ乗継。
トゥーン湖など車窓から美しい景色を堪能しながらチューリッピ空港駅へ。※ベルン駅で乗り換えの場合があります。

チューリッヒ(15:35発) エミレーツ航空にてドバイ経由で帰国いたします。
ドバイ(23:45着)ドバイ空港でトランジット。
飛行所要:チューリッヒ⇒ドバイ 約6時間20分  ドバイ⇒関西空港 約9時間 予定
〈機内泊〉

朝:ホテル
昼:×
夕:機内食
9 深夜:ドバイよりエミレーツ航空にて関西国際空港へ
関西空港着(17:15着)
関西空港より、JR特急、新幹線にて金沢、富山へ。金沢駅(22:56着)新高岡駅(23:20着)・富山駅(23:29着)
ご参加のご人数により、関西空港より富山へ貸切バス利用の場合があります。
朝:機内食
昼:機内食
夕:×

お得なキャンペーン情報

ページトップ