歩く旅専門店 株式会社アルクトラベル[ARUKU TRAVEL]

076-424-5666

彩(いろどり)の旅(観光の旅)

《初夏を感じる宮古島のベストシーズンです》宮古諸島5島をくまなく観光します! ~宮古島・来間島(くりまじま)・伊良部島(いらぶじま)・下地島(しもじしま)・池間島(いけまじま)

写真
無料橋では日本最長を誇る橋「伊良部大橋」                    
写真
宮古島を代表するリゾートホテル「宮古島東急ホテル&リゾーツ」
写真
来間大橋
写真
砂山ビーチ
3日間

海の上に架かる3つの大橋を渡り、宮古諸島5島をくまなく観光します。絶景が続くドライブを楽しみながら、いつまでも見飽きることのないビーチとエメラルドグリーンに輝く海の大パノラマを堪能します。人気のお土産「雪塩ちんすこう」でお馴染みの製塩所を見学し、宮古島で最も大きなマングローブ林に郷土料理を味わう・・・前回ツアーでも好評をいただきました。ご宿泊は宮古島を代表するリゾートホテル「東急ホテル&リゾーツ」に2連泊します。連泊なので荷物整理に追われることなく観光を楽しみます。寒い富山を離れて暖かい南国に出かけませんか。

■出発日
2023年3月19日(日)
■旅行代金
183,000円(お一人様)

※上記旅行代金は、1室2~3名様利用の場合です。
※12月26日(月)までのご予約でお1人様3,000円早期割引します。

◆第1次申込締切日:1月16日(月)
◆お1人部屋追加代(2連泊):24,000円
◆最少催行人員:10名様
◆添乗員:吉田同行予定
◆利用バス会社:八千代バス

日数 行程 宿泊先・食事条件
1 富山空港(7:10頃発)⇒《ANA便/羽田空港経由》⇒宮古空港(14:55頃着)=宮古島東急ホテル&リゾーツ(15:30頃)《東洋一美しいとも称される前浜ビーチが眼下に広がるリゾートホテルに2連泊!ホテルでゆっくり夕食をお楽しみ下さい》 〈宮古島
(ホテル) 泊〉

朝:×
昼:×
夕:〇郷土料理
2 ホテル(ゆっくり出発9:15)=来間大橋《1.7kmの美しい前浜ビーチの絶景を眺め来間島へ》=来間島竜宮城展望台《来間大橋の美しい姿の絶景》=伊良部大橋《日本最長3540mの橋で絶景ドライブ!伊良部島へ》=フナウサギバナタ展望台《島の方言で「船を見送る岬」からの絶景》=佐和田の浜《巨岩が転がる不思議な光景》=下地島《伊良部島より橋で繋がる小さな島》=帯岩(下地島巨岩)《巨岩がご神体パワースポットで有名》=通り池《別名「龍の目」の絶景》=17エンド《海と下地島空港の絶景》=伊良部島=ホテルサウスアイランド《昼食》=渡口の浜《伊良部島No1ビーチの絶景》=宮古島=東平安名崎《宮古島の最東端からの絶景》=ユートピアファーム宮古島《熱帯植物の絶景。フォト映えスポットです》=郷家《街中の地元で人気のお店で島唄三線ライブを聞きながら郷土料理》=ホテル(20:00~20:30頃) 〈宮古島
(ホテル) 泊〉

朝:〇ビュッフェ
昼:〇和食
(お魚)
夕:〇居酒屋料理
3 ホテル(ゆっくり出発9:30)=砂山ビーチ《宮古島撮影スポットNo1ビーチ!》=島尻のマングローブ林《宮古島で最大の群生地》=雪塩ミュージアム《大人気の雪塩製塩所》=宮古島海中公園《宮古島の美しい海の世界を体験》=池間大橋《宮古諸島最北端の池間島》=豚匠・宮古島邸《沖縄県産豚と白菜のミルフィーユせいろ蒸しの昼食》=島の駅みやこ(お土産購入)=宮古空港(15:50頃発)⇒《ANA便/羽田空港経由》⇒富山空港(20:30頃着) 朝:〇ビュッフェ
昼:〇和食
(お肉)
夕:×

お得なキャンペーン情報

「彩(いろどり)の旅」品質の5大宣言!

1. 目的をテーマに沿って明確に

むやみにお土産屋さんに寄ったりしません

2. 旅の品質と旬にこだわります

より高い満足度を目指して頑張ります

3. お1人様大歓迎

これまでのツアーでは、約7割の方がお1人参加です

4. お食事は出来る限り地域の名物をご用意

地元の方が美味しいと通うお店を選んでいます

5. 企画内容がしっかりわかっている自社添乗員がご案内します

真心こめてご案内します

※「彩(いろどり)の旅」も旅行傷害保険は自動加入です

ページトップ