戻る

歩く旅(国内)

104信越トレイル番外編 巨大ぶな「森太郎」残雪ハイク

写真
日帰り

長野県・新潟県の県境、標高1,000m前後の関田山脈の全長80kmにおよぶ日本初のトレイル、信越トレイル。このトレイル上に位置する鍋倉山の中腹、通称「巨木の谷」に生息する推定樹齢400年、高さ25m、胴回り5.4mの圧巻の巨大ぶな「森太郎」は、残雪期のみ触れることができます。この時期ならではの残雪ハイクをお楽しみください。黒木と現地ガイドの山川ガイドがご案内させて頂きます。

このツアーを仮予約

■出発日
2021年5月11日(火)
■旅行代金
18,800円(お一人様)

◆早期申込割引適用不可
◆最少催行人員:10名様
◆添乗員:同行します

初心者マーク

アイコン表示の説明

軽アイゼン(4本爪以上)のご用意をお願いします[レンタル1,000円※当日使用した場合のみ]

初級A

体力
2
技術
3
ツアーレベルの説明
日数 行程 食事条件
1 巨大ぶな「森太郎」に会いに行こう 残雪トレッキング  3Km/4時間
富山駅(7:20)・立山IC以降糸魚川IC間で乗車可能=豊田飯山IC=巨木の谷入口…(新緑の森の中、標高差300m程度の残雪の上を登ります。一部軽アイゼンを使用しますが、残雪の歩行が初めての方にも合わせ、ゆっくり歩きます)…森太郎【1,288m】(樹齢400年超の日本を代表する巨大ぶな)…(往路下山)…巨木の谷入口=乗車各地(16:50〜18:30頃)
朝:×
昼:×
夕:×

お得なキャンペーン情報

ページトップ