戻る

歩く旅(国内)

89新緑の伯耆大山(ほうきだいせん) ゆっくり登頂

写真
眺めの良い大山山頂部分
2日間

伯耆富士とも呼ばれる大山は、古くから山岳信仰の山として開かれた、中国地方の最高峰で、中国地方唯一の日本百名山です。この時期は例年天候が安定し、好天に恵まれる日が多く日照時間が長い時期です。
また夏道登山道の新緑が美しい頃です。
富山からアクセスの難しい大山は、ツアーで行くのがお勧めです。

このツアーを仮予約

■出発日
2021年6月12日(土)
■旅行代金
49,800円(お一人様)

◆最少催行人数:10名様
◆添乗員:同行します
◆利用バス会社:新富観光バス

日本百名山 荷物 温泉

▲伯耆大山

アイコン表示の説明

初級B

体力
3
技術
2
ツアーレベルの説明
日数 行程 宿泊先・食事条件
1 新富バスセンター(7:00)・高岡砺波スマートIC(7:20)・砺波駅(7:40)・徳光PA(8:10)=(北陸道~舞鶴若狭道~鳥取道)=道の駅但馬のまほろば(各自昼食)=八鹿氷ノ山IC=道の駅きなんせ岩美(コンビニ有)=大山IC=大山の麓、大山寺門前「とやま旅館」(17:00頃)     《大山町
(旅館)泊》

朝:×
昼:×
夕:旅館
2 伯耆大山登頂  8km/6時間 
旅館(5:30)…大山寺橋【750m】…(ブナの新緑が美しい夏道登山道)…大山寺最古の建築物の阿弥陀堂…六合目石室【1,350m】…特別天然記念物ダイセンキャラボク群生・・・大山【弥山1,711m】(頂上小屋あり)…六合目石室…本谷(ダイナミックな大山北壁の眺望)…大山寺参道…大山寺橋(とやま旅館)※参道で各自昼食=溝口IC=(米子道~中国道~舞鶴若狭道~北陸道)=乗車各地(21:20~22:30頃)

朝:〇
(弁当)
昼:×
夕:×

お得なキャンペーン情報

ページトップ