戻る

歩く旅(国内)

世界遺産 熊野古道「伊勢路」 八鬼山(やきやま)越え、松本峠を歩く 花の窟「お網掛け神事」

写真
八鬼山越えの道
3日間

熊野古道「伊勢路」は、お伊勢参りで知られる伊勢神宮からいくつもの険しい峠を越え、熊野三山を詣でるために通った祈りの道。初日は伊勢神宮を外宮から内宮まで歩いて参拝し、翌日はかつて西国第一の難所と云われた八鬼山越えをします。最終日のクライマックスは世界遺産が見所の松本峠を越え、日本最古の神社 花の窟へ。この日に行われる日本一長い大綱を掛ける「お網掛け神事」に参加します。古来伝統の神聖な大綱に触れる貴重な体験ができます。

宿泊2日目は前回ツアーでお客様全員の大絶賛を頂いた海鮮料理を提供する「尾鷲シーサイドビュー」に宿泊。熊野灘の新鮮な海の幸が楽しめるこだわりの宿です。

このツアーを仮予約

■出発日
2019年1月31日(木)
■旅行代金
64,800円(お一人様)

上記旅行代金は、1室4名様以上の場合です

◆最少催行人員:10名様
◆添乗員:黒木予定
◆利用バス(タクシー)会社:新富観光バス・大和交通

初級A

体力
3
技術
3
ツアーレベルの説明
日数 行程 宿泊先・食事条件
1 伊勢神宮 外宮・内宮を参拝 2.5時間
富山駅(7:10)・新富バスセンター(7:40)・高岡砺波スマートIC(8:00)・砺波駅(8:15)=伊勢西IC=伊勢神宮外宮(13:30頃)
伊勢神宮外宮=おかげ横丁(伊勢路の代表的な建築物を再現・移築した町)・・・伊勢神宮内宮(参拝)=新美里温泉「伊勢かぐらばリゾート 千の杜」(16:30頃)伊勢志摩国立公園内にあるリゾートホテル
〈新美里温泉
(旅館)泊〉

朝:×
昼:×
夕:旅館
2 伊勢路(八鬼山越え)登山 ゆっくり6~7時間/8km
宿(8:20発)=献灯所(登り口)【5m】(10:00頃)・・・巡礼供養碑・・・七曲り(伊勢路の中で最も勾配のきつい難所、延々と石畳が続く)・・・荒神堂(西国三十三所第一番札所の前札所)・・・八鬼山【627m】(さくらの森広場)《志摩半島から那智山までの絶景!》・・・八鬼山案内標識【7m】=「尾鷲シーサイドビュー」
〈尾鷲市内
(旅館)泊〉

朝:旅館
昼:×
夕:旅館
3 伊勢路(松本峠)ハイキング 2時間/4km
宿(7:45)=登山口【35m】(8:00頃)・・・江戸時代に作られた石畳の階段・・・松本峠・・・石畳の道を下る…世界遺産の七里美浜と獅子岩を左手に、熊野灘沿岸を歩く・・・世界遺産、花の窟《日本最古の神社で行われるお網掛け神事》(12:30頃)=尾鷲北IC=乗車各地(19:00~20:00頃)
朝:旅館
昼:×
夕:×

お得なキャンペーン情報

ページトップ