戻る

歩く旅(国内)

【冬もしっかり歩こうシリーズ】 南九州 開聞岳登頂と桜島

写真
菜の花と開聞岳
4日間

南九州の開聞岳周辺では、例年この時期に菜の花が満開を迎えます。北陸の山ではこの時期はなかなか土の上を歩けませんが、 暖かい九州でしっかり歩きませんか。
この時期からしっかり歩いておけば春からの登山にいち早く準備できますよ。

2018年新造船のさんふらわあ【さつま】・総トン数13659トンで最新設備を備えています。フェリーでは初の(船上プロジェクションマッピング)もお楽しみ頂けます。客室(プライベートベット)はプライベート空間が保てるタイプで、お客様から快適だったと好評を頂きました。

このツアーを仮予約

■出発日
2019年2月9日(土)
■旅行代金
64,000円(お一人様)

上記旅行代金は、1室2~4名様利用の場合です

※お一人部屋追加代(指宿温泉のみ) 6,000円

◆最少催行人員:10名様
◆添乗員:同行します
◆利用バス会社:新富観光バス

日本百名山 荷物 温泉 アイゼン

▲開聞岳

アイコン表示の説明

※念のための装備として軽アイゼンをご持参下さい

初級B

体力
3
技術
3
ツアーレベルの説明
日数 行程 宿泊先・食事条件
1 富山駅(9:00)・新富バスセンター(9:30)・高岡砺波スマートIC(9:50)・砺波駅(10:05)・徳光PA(10:50)=大阪南港(17:55発)~《フェリーさんふらわあ》(プライベートベッド)~ 〈船中 泊〉

朝:×
昼:×
夕:×
2 鹿児島志布志港(9:40着)=桜島、有村溶岩展望所(約1kmの遊歩道)=桜島物産館(昼食)=桜島港~《桜島フェリー15分》~鹿児島港=鹿児島市、城山展望台(標高107mの展望台へ車で登り桜島と鹿児島市内の眺望を楽しみます)=指宿温泉「海上ホテル」(15:30頃)《早めに到着し「名物砂むし風呂」(料金各自)などを楽しみましょう!
〈海上ホテル
(ホテル) 泊〉

朝:×
昼:○
夕:旅館
3 開聞岳登山 歩行距離、時間/5km・5時間
指宿温泉(7:00出発)=コンビニ=開聞ふれあい公園(7:30)【標高120m】・・・らせん状の展望の優れた道を行きます・・・「開門岳」山頂【922m】この時期、空気が澄み渡り、天候の良い日には屋久島も見えます・・・(往路下山)・・・開聞ふれあい公園=志布志港(17:55発) ~《フェリーさんふらわあ》(プライベートベッド)~ 
〈船中 泊〉

朝:○
昼:×
夕:×
4 大阪南港(7:40着)=乗車各地(12:30~14:30頃)  朝:×
昼:×
夕:×

お得なキャンペーン情報

ページトップ