戻る

彩(いろどり)の旅(観光の旅)

【桜の時期だからこそ行きたい世界遺産 兵庫・桜旅♪】 桜一色に染まる 世界遺産・姫路城と樹齢1000年 「樽見の大桜」・世界の桜 「桜華園」

写真
世界遺産 姫路城
2日間

より一層美しくなった白壁に映える1000本の桜が美しい姫路城を見学した翌日は、世界の桜が楽しめることから、桜の青空博物館とも呼ばれている「桜華園(おうかえん)」と全国でも10指に入る大桜「樽見の大桜」を訪ねます。登山道を歩いて頂く必要がありますが、その先に待つ絶景を楽しみに登りましょう。

【樽見の大桜】
地元の人々からは、神の宿る木として「仙人の桜」の意味を取り、別名「仙桜」とも呼ばれています。

【桜華園】
大嶽山の山麓に世界の桜、240種類3000本の桜を植栽しています。開花時期が異なる為、長期にわたり、お花見を楽しむことができます。

【宿泊先・姫路キャスルグランヴィリオホテル】
2014年に全館リニューアルしたばかり。周辺には飲食店も多く、その日の気分で味わえるのも、自由食の楽しさ。岩風呂、炭酸風呂など5種類のお風呂が楽しめます。疲れた身体に手足が伸ばせるのは嬉しいです☆

このツアーを仮予約

■出発日
2019年4月9日(火)
■旅行代金
48,000円(お一人様)

※上記旅行代金は、1室1名様利用の場合です。

◆お食事:朝1回・昼1回・夕0回
◆最少催行人員:12名様
◆添乗員:同行します
◆利用バス(タクシー)会社:新富観光バス・大和交通

アイコン表示の説明

【ご注意】
※1 姫路城の大天守閣登閣は、整理券制となります。整理券は事前予約ができません。各自お並びを頂くか、外観のみの見学となります。予めご了承の上、お申込み下さい。

※2 バス駐車場より、樽見の大桜まで舗装道(約2km・30分)と約400m(15分)の登山道を登ります。滑りにくく、履き慣れた靴でのご参加をお願いします。

日数 行程 宿泊先・食事条件
1 富山駅(7:10)・新富バスセンター(7:40)・高岡砺波スマートIC(8:00)・砺波駅(8:15)=西紀SA《各自昼食》=世界遺産・姫路城《桜と城はまさに日本の春を感じます。※1》=姫路キャスルグランヴィリオホテル(16:30頃)《※全員シングル利用です。ツイン(同料金)は先着3部屋有り。口コミ評価も高いシティホテル。各自夕食ですが、希望者の方は添乗員とご一緒しましょう》  
〈姫路キャスルグランヴィリオホテル
(ホテル)泊〉

朝:×
夕:×
夕:×
2 ホテル(8:15)=かみかわ桜の山 桜華園《品種数が西日本随一多い》=樽見の大桜《樹高13.8m、幹回り6.3m、樹高1000年を越えるエドヒガン桜。※2》=道の駅・ようか但馬蔵《八鹿豚のさんしょう焼膳の昼食》=乗車各地(20:00~21:00頃)
朝:バイキング
昼:レストラン
夕:×

お得なキャンペーン情報

「彩(いろどり)の旅」品質の5大宣言!
  1. 目的をテーマに沿って明確に(むやみにお土産屋さんに寄ったりしません)
  2. 旅の品質と旬にこだわります(より高い満足度を目指して頑張ります)
  3. お1人様大歓迎(これまでのツアーでは、約7割の方がお1人参加です)
  4. お食事は出来る限り地域の名物をご用意(地元の方が美味しいと通うお店を選んでいます)
  5. 企画内容がしっかりわかっている自社添乗員がご案内します(真心こめてご案内します)

※「彩(いろどり)の旅」も旅行傷害保険は自動加入です

ページトップ