戻る

歩く旅(国内)

87シャクナゲの美しい頃に登る 奥秩父「甲武信ヶ岳」から「西沢渓谷」縦走 2日間

写真
登山道横の石献花の群生
2日間

日本最長河川(全長326km)である信濃川(長野県では千曲川)の最源流の地を訪ねます。甲州、武州、信州の三県の要となる甲武信岳山頂でご来光を拝んだ後は、満開を迎えた深紅のアマギシャクナゲのトンネルをくぐりながら西沢渓谷へと下ります。

このツアーを仮予約

■出発日
2017年6月10日(土)
■旅行代金
46,800円(お一人様)

◆最少催行人員/12名
◆利用バス会社:新富観光バス

日本百名山 花の百名山 温泉

▲甲武信ヶ岳

▲甲武信ヶ岳

アイコン表示の説明

初級B

体力
4
技術
3
ツアーレベルの説明
日数 行程 宿泊先・食事条件
1 甲武信ヶ岳登山(毛木平から甲武信小屋へ) 6km/5時間
新富BC(5:30)・魚津IC(6:00)・糸魚川IC(6:40)=新富バス=長野県川上村、毛木平【1,450m】(11:00頃)・・・ナメ滝・・・千曲川源流の碑《日本最長河川信濃川全長326kmの最源流》・・・見晴台・・・甲武信ヶ岳【2,457m】《富士山と八ヶ岳の大展望》・・・甲武信小屋【2,370m】
(-・-・夕)
〈甲武信小屋
(山小屋)泊〉
2 甲武信小屋から西沢渓谷へ 4km/6時間
甲武信小屋・・・木賊山【2,468m】・・・戸渡尾根《アマギシャクナゲのトンネル》・・・徳ちゃん新道・・・西沢渓谷入口【1,190m】(12:00頃)=「ほったらかしの湯」【甲府盆地と富士山を眺めながらの大露天風呂入浴・各自昼食】=一宮御坂IC=豊科IC=白馬経由=乗車各地(18:50~20:00頃)
(朝・-・-)