戻る

歩く旅(国内)

32花桃まつりの時期に行く「花桃の里」と妻籠宿から馬籠宿 中山道を歩く

写真
ピンクに染まる花桃の里
2日間

日本一の桃源郷といわれる南信州阿智村「花桃の里」では、この時期約5,000本の赤・白・ピンク色の3色の花が咲き誇ります。2日目は中山道の宿場町馬籠から妻籠に至る江戸時代の情緒をたっぷり残す人気のコースを歩きます。南木曽温泉の宿にも癒されます。旧街道で東海道の箱根と、唯一当時のままの石畳を残す国指定史跡の「落合の石畳」にも訪れます。
★黒木イチオシコースです!

このツアーを仮予約

■出発日
2017年4月28日(金)
■旅行代金
38,800円(お一人様)

※早期申込割引適用不可
※ご宿泊1室4名様
宿泊個室利用追加代、3名様1室3,000円、2名様1室5,000円
1名1室はご相談下さい。

◆最少催行人員/12名
◆利用バス会社/新富観光バス

ウォーキング

体力
1
技術
1
ツアーレベルの説明
日数 行程 宿泊先・食事条件
1 「花桃の里」散策と花桃街道ドライブ 
富山駅(6:20)・新富BC(6:50)・高岡砺波スマートIC(7:10)・砺波駅(7:25)=中津川IC=ちこり村(自然食の昼食バイキング)=花桃まつり開催中の「花桃の里=約40kmに渡って10,000本の花桃が咲き乱れる「花桃街道」(車窓から見学)=南木曽温泉「ホテル木曽路」 

(-・昼・夕)
〈南木曽温泉
(旅館)泊〉
2 妻籠宿・馬籠宿街道を歩く 8km/4.5時間
旅館(8:30)=送迎車=日本初の街並み保存地区・妻籠宿【400m】(宿場内を散策)・・・男滝女滝・・・石栃子安観音・・・馬籠峠【801m】・・・十返舎一九の句碑・・・馬籠宿【600m】=「是より北 木曽路の碑」・・・落合の石畳(全長840mの国指定史跡)・・・医王寺=中津川IC=乗車各地(19:15〜20:30頃)
(朝・-・-)