戻る

観光の旅(国内)

青森の紅葉名所と言えばここは外せない! 八甲田山・蔦沼・奥入瀬渓流と青森2大アートスポット・名湯 酸ヶ湯温泉の旅

写真
八甲田ロープウェイ                          真下に広がる紅葉を独り占め!
3日間

あらゆる空間で感性をくすぐるアート作品が溢れている、青森の2大アートスポット「青森県立美術館」「十和田市現代美術館」を訪ねます。名湯と名高い酸ヶ湯温泉も楽しみ。例年の紅葉、見頃時期にツアーを設定しました。息を呑む美しい紅葉絵巻にゆったりと芸術鑑賞、青森県に目的を絞ることで移動時間も短く、焦らずのんびり観光に時間をあてます。

★例年の色づき始め・紅葉見頃時期
【奥入瀬渓流】《色づき始め》10月上旬 《紅葉見頃》10月中旬~10月下旬
【蔦沼】《色づき始め》10月上旬 《紅葉見頃》10月中旬~10月下旬
【八甲田山】《色づき始め》9月下旬 《紅葉見頃》10月上旬~10月下旬

【青森県立美術館】
平成18年に三内丸山遺跡の隣にオープンした青森県民の美術館です。青森県出身の芸術家をはじめとした常設展示のほかに、特別展も見ごたえがあります。美術館の外観もそのまま芸術作品のようです。

【十和田市現代美術館】
十和田市現代美術館は、国内外で活躍するアーティストによる建築や空間と一体となった恒久設置のコミッションワーク(依頼製作によるアート作品)を展示しています。展示室に限らず中庭、屋上、階段室など、敷地のあらゆる空間で多様なアート作品が展開し、来訪者に「新たな体験」を提供します。

このツアーを仮予約

■出発日
2017年10月20日(金)
■旅行代金
128,000円(お一人様)

上記旅行代金は、1室2~3名様利用です。

◆最少催行人員:12名様
◆お一人部屋希望の場合、お問合せ下さい
◆お食事:朝2回・昼1回・夕2回
◆添乗員:新高岡駅より杉森沙織が同行予定
◆利用バス会社:光洋観光バス

アイコン表示の説明

※例年の紅葉見頃時期に合わせてツアー設定しておりますが、気象状況により紅葉の進み具合は変動します。

日数 行程 宿泊先・食事条件
1 新高岡駅(7:37発)・富山駅(7:47発)・黒部宇奈月温泉駅(7:59発)-《はくたか/普通車指定席》-大宮駅-《はやぶさ/普通車指定席》-八戸駅(13:04着)=貸切バス=十和田市現代美術館《アートと建築が一体となった美術館~約90分》=奥入瀬 森のホテル(16:00頃)《天然温泉と美味しい洋食コース料理を堪能》   (朝:-・昼:-・夕:洋食)
【十和田湖温泉郷
(ホテル)泊】
2 ホテル(8:30)=奥入瀬渓流《変化に飛んだ渓谷美と紅葉の共演~約60分》=乙女の像《絶好の記念写真スポット》・・・十和田神社《青森きっての開運神社》=蔦温泉《昼食》=蔦沼散策《JR東日本のCMにも使用された息を呑む美しさ~約75分》=山麓駅┴┬《八甲田ロープウェイ。
標高差650m。津軽平野を見渡しながら眼下の紅葉を満喫》┴┬山頂駅=酸ヶ湯温泉《東北屈指の人気を誇る。160畳もの広さ「ビバ千人風呂」》
(朝:バイキング・昼:和食・夕:和食膳)
【酸ヶ湯温泉
(旅館)泊】
3 ホテル(8:30)=青森県立美術館《全身でアートを体感。シンボル作品、奈良美智「あおもり犬」
~約90分》=ねぶたの家 ワ・ラッセ《実際に運行したねぶたを展示~約40分》=新青森駅(12:39発)-《はやぶさ/普通車指定席》-大宮駅-《はくたか/普通車指定席》-黒部宇奈月温泉駅(17:43着)・富山駅(17:56着)・新高岡駅(18:05着)
(朝:バイキング・昼:-・夕:-)